団体概要

学校を輝く学びの場に
NPO法人「シーエスアールスクエア(CSR2)」は、次の3つの使命をもとに、東南アジアと日本の教育に貢献するために活動します。NPO法人「シーエスアールスクエア(CSR2)」は、次の3つの使命をもとに、東南アジアと日本の教育に貢献するために活動します。
福島、日本、そして、
世界の子どもたちのために

私たちの3つの使命

東南アジアの子供たちの
学習環境の改善

ベトナム・ラオスなどの山岳少数民族の教育環境に恵まれない学習環境の改善のために、日本などの企業の社会貢献活動(Corporate Social Responsibility)の取り組みや個人寄付などによる支援で学校、寮、トイレ・井戸などの建設支援にあたる。

日本の児童生徒による
継続支援と交流活動

日本での出前授業や講演会などで、支援の大切さに気づいた児童生徒の活動や募金などをもとに現地の学校へ文房具やスポーツ用品などとして支援を継続し、その様子をそれぞれの子供たちにフィードバックするなどして、日本と海外相互の学校の子供たちの心の交流を図る。

日本の児童生徒による継続支援と交流活動

日本の先生方と児童生徒の現地視察による学び
教える勇気と希望の再発見

日本の先生方と児童生徒の現地視察による学び教える勇気と希望の再発見

(1)先生方のために
日本の小中学校の先生方を案内し、恵まれない教育環境だけでなく貧しい生活環境の中でも、家族のために働きながら瞳を輝かせて学び続ける現地の子供たちの様子から、「学ぶ」ことの意味の再確認を図る。

(2)子供たちのために
日本の先生方とともに中高生を引率し、現地でのボランティア活動や文化交流だけでなく、「運動会」などのスポーツイベントに取り組むことにより、互いの文化の良さを大切にしながら学び合い、支え合おうとする態度を育む。

あなたの協賛とご支援を
お願いいたします。

東南アジアの子どもたちの
「瞳の輝き」を求めて

国際理解の出前授業・講演会をとおして、
日本の子どもたち・先生方にも
「夢と希望」を

CSR-Square
(輝く学校広場)について

Challenge for School Revival(学校が、生き生きとするためのお手伝い)

自己肯定感・自己価値観・自尊心が低いこと、それが、日本の教育の大きな課題であるように感じています。しかし、日本の中だけを見つめただけでは、その解決策は見つからないようにも思っています。そうした中で、東南アジアの山奥には、50年・60年前の日本の姿があります。それを知り、その支援活動を通して、現地で、けなげに瞳を輝かせて家族を思いやりながら精一杯に生きる子どもたちの姿を鏡として、日本の学校の先生方、そして、子どもたちが輝くことができると実感しています。そんなお手伝いにより、東南アジアの山奥と日本の学校が生き生きとした場所となるお手伝いができれば幸いです。

Corporate Social Responsibility(企業の社会的責任)

「企業の社会的責任」の中でも、教育支援の重要度が高まっています。教育現場への企業講師派遣授業用の教材の開発や職場体験プログラムの実施、施設見学受け入れなど、企業が社会を構成する一員として、教育の実状にそくして企業の価値を提供することにより、教育活動に参画・支援することを『教育CSR』と呼んでいます。(Career-Link社のHPより)この教育CSR活動を支援いただける企業を探しています「CSR-square」では、東南アジアの山奥の教育環境整備だけでなく、認定NPO法人アジア教育友好協会からの委託も受けて、日本全国の小中学校(一部高等学校)に、出前(出張)授業や講演会に伺わせていただいています。

教育現場での長い経験と東南アジアで教育支援を行う体験などをもとに、日本と世界の関わり方を考え、日本の子どもたちが自らできることを考えるための国際理解のための授業・講演です。

団体概要

団体名 特定非営利活動法人 シーエスアールスクエア
代表者 宍戸 仙助
住所 〒960-8136 福島県福島市八島町6番29号
電話番号 090-2604-4226
FAX番号 024-533-2612
メールアドレス shishido.csr2@gmail.com

定款

articles